印鑑の歴史や3文字を入れる際の注意点について

印鑑は本人が書類の内容に同意したことを意味する重要なものです。直筆のサインと同等の扱いであり、中でも実印は日本の法律によって効力の高さが証明されていることから、取り扱いには十分に注意しなければいけません。

ここでは印鑑を正しく扱うために日本における印鑑の歴史や種類、作る際の注意点などを詳しくお伝えします。

電子印鑑とオンライン手続きのメリット・デメリット

印鑑を持つ目的と日本での普及

印鑑の起源は紀元前にさかのぼるとされていますが、複数の地域で同時多発的に使われていたため正確な発祥の地ははっきりしていません。当時の印鑑は富や権力の象徴とされ、ごく一部の人だけが使用できる高級品でした。

当時から書類の内容に同意したことを示す意味でも使われていましたが、印鑑そのものがステータスアイテムとして扱われていたのです。日本でもっとも古い印鑑と言われているのが『漢倭奴国王』と刻まれた金印です。これは中国の皇帝から記念品として贈られた物とされ、この金印を持つ者は皇帝からその地域の権力者として認められていることを意味します。

また、金属に文字を細かく刻むには高度な技術が必要なため、特別な存在であることをアピールする目的でも使われていました。印鑑は古代の社会では権力者のステータスアイテムとして普及していましたが、やがて直筆でサインするようになったことから次第に廃れていきました。

これは小さい印鑑に文字を刻むことが難しく、材質によっては傷みやすいことが問題視されたためです。日本でも印鑑が広く普及したのは江戸時代の後期であり、それまでは一部の権力者が持つステータスアイテムとしての扱いに留まっていました。

当時の日本で使われていた印鑑はほとんどが木製でしたが、これは木材が入手しやすく、加工も容易だったためです。その一方で木製の印鑑は湿気に弱く、燃えやすい欠点もありました。

そのため、重要な書類には印鑑ではなく本人の手形を押すケースも少なくなかったとされています。江戸時代になると印鑑が庶民にも広く普及しましたが、法律による効力の高さが定められたのは明治時代からです。

公的な書類には捺印が必要であることを定めたことにより、日本では印鑑が重要視されるようになりました。

印鑑の種類や材質ごとの違い

ひと口に印鑑と言っても種類は様々ですが、法律上は効力の有無で判断されます。捺印した書類は本人がその内容に同意したことを意味するため、使用した印鑑が信用できる物でなければいけません。法律では印面が変形しないことを条件と定めていることから、安価なゴム印は効力が低いと言えるでしょう。

ゴム印は量産ができることから勘定項目や役職名を記す目的で使われることが多い他、シャチハタ印のように朱肉が不要な物もあります。印面が柔らかく変形しやすい他、偽造も容易なことから実印として使おうとしても届け出が受理されません。

また、企業や団体が使用する角印は用途が限定的なことから実印として使うには不向きです。印面が頑丈で変形しにくい印鑑は実印として登録することができます。実印は法律によって信用度が高い印鑑と認められた物で、重要な書類への捺印に使われます。

木材や金属、プラスチックなどが一般的です。また、実印として登録できる印鑑は大きさが8ミリ以上25ミリ以下と定められていますが、これは届け出先の市区町村で違いがあるので事前の確認が不可欠です。印鑑は実印の他、銀行印や認め印などの種類がありますが法律による明確な定義は存在しません。

実印以外の印鑑が認め印であり、認め印の中でも金融機関に届け出を行った物が銀行印となります。実印とは異なり、印面が柔らかいゴム印でも認め印として使うことは可能ですが、後のトラブルを避ける意味でもゴム印は使わないのが賢明でしょう。

三文判のような安価な印鑑に多用されているプラスチックは量産が可能な他、加工が容易です。メリットが多いことが広く普及した理由ですが、その一方で同じ名前の印鑑が複数存在する形になるので注意して扱う必要があります。

市販されている量産品は字体が同じというケースもあるためです。古くから使われている高級木材や象牙は軽くて扱いやすい反面、長く使い続けると印面がすり減ってしまう欠点があります。木材は湿気や火気に弱く、象牙は衝撃や乾燥に弱いので丁寧に扱うことを忘れてはいけません。


名前の文字数と印鑑作りの関係について

印鑑に文字を刻む際、字体や大きさには十分に注意する必要があります。一般的な印鑑は名字を刻みますが、日本人の名字は漢字で2文字というケースが多数なので印鑑用の字体もその点を踏まえたものになっています。そのため、1文字や3文字の名字を印鑑にする際は余計なすき間が生じたり文字が潰れないようにすることが肝心です。

特に名字が3文字の場合、限られた大きさの印面に過不足なく綺麗に刻まなければいけません。

高度な技術が必要になるため、印鑑作りを依頼する際は信頼できる業者を選ぶことを心がけます。市販されている量産品の印鑑は一般的な名字に限られているため、少数派である3文字の名字を探すのは容易ではありません。

印鑑を持つには必然的に業者を頼ることになるので、長く愛用できる一本を持つためにも慎重な業者選びが求められます。

印鑑業者の良し悪しを見分ける方法

印鑑作りを業者に依頼する際は印面の大きさに合わせて綺麗な刻印ができる所を選びます。スペースが少ないからと言って文字を簡略化するような業者は避けるのが賢明です。また、激安を謳う業者はコンピューターに登録されている漢字をそのまま印面に刻む作業を行う所がほとんどなので、難しい漢字や3文字の名字は受け付けていないことがあります。

注文してから断られることを避けるためにも複数の業者を比較して選ぶことを心がけます。

印鑑をきれいに使い続ける工夫

印鑑は朱肉を付けて使うのでどうしても汚れてしまいます。長く使い続けているうちに朱肉の色素が染み込んで印鑑が変色するのは珍しいことではありません。しかし、朱肉の汚れが印鑑を劣化させるのも事実なので愛用の一本を長持ちさせるならこまめに掃除を行う必要があります。

印面を傷つけないように柔らかいブラシで朱肉を取り除き、乾いたタオルで拭き取ります。湿気や日光を避けるために専用のケースに保管する他、衝撃を与えないようにすることも大切です。

一生ものの印鑑は日頃の丁寧な扱いが重要

名字が3文字の人は市販品の印鑑を選ぶことが難しいため、多くの場合において業者に作成を依頼することになります。長く使い続ける物なので頑丈な作りにすることが重要ですが、それでも日頃からの扱いには十分に注意しなければいけません。

どのような材質でも丁寧に扱い、衝撃は避けるように心がけます。朱肉の汚れもこまめに取り除くのがきれいに保つ秘訣です。