印鑑を購入する際の最適な売り場とは?

印鑑を使う機会というのは意外にあるものですが、どこで買えばいいのかについては、よくわからないことも多いですよね。印鑑にも、様々な種類があります。

さらに目的に応じて、最適な印鑑というのも変わってきますので、それぞれに適した購入場所を知っておくと便利でしょう。ここでは、売り場ごとのメリットやデメリットについても、確認していきます。

電子印鑑とオンライン手続きのメリット・デメリット

印鑑の種類

まず印鑑と聞いて、最も身近なイメージがあるのは、「認印」でしょう。日常生活の中でちょっとした書類に押印する際や、荷物の受け取りの確認など、認印を使用する機会は思っているよりも多いものです。使う頻度が多い分、手軽に手に入るという印象もあるかもしれません。

それに対して「銀行印」や「実印」は、重要な書類を作成する際に使用する印鑑ということになります。銀行印は、銀行に届け出る印鑑です。同じ印鑑を持つ第三者に、不正に預金を引き出される被害に遭わないようにするためには、唯一無二の印鑑を使用することが大切になります。

さらに実印は、公的書類などに用いることが多い印鑑です。印鑑登録証明書を作成する場合には、実印で作成することがほとんどです。

認印なら百円ショップや文房具店

最も使う頻度が高い認印は、百円ショップで購入することが可能です。文房具店やホームセンターなどにも、印鑑を扱っているコーナーがありますので、それらの売り場で購入することもできます。百円ショップなどで認印を購入するメリットとしては、やはり値段が安いということが挙げられるでしょう。

日本国内に多い苗字なら、店頭に並んでいる印鑑の中から目的のものを見つけることも難しくありません。購入してすぐに使い始められるという手軽さも、百円ショップや文房具店のメリットといえるでしょう。一方で、安価な品物には耐久性が低いというデメリットもあります。

百円ショップなどで扱われている印鑑は、白ラクトや黒ラクトなどと呼ばれているプラスチック素材でできているものが多いのです。長く使い続けるうちに摩耗してきて印影が変化してしまう心配もありますので、特に銀行印などには不向きといえます。

さらに安価な認印は、同一の書体のものが大量生産されていますので、第三者が同じ印鑑を手に入れる可能性があります。このため重要な書類への押印などは、避けた方がよいでしょう。

銀行印や実印は印鑑専門店で

一度登録したら長く使い続けることになる銀行印や、不動産の契約など重要書類に使う実印は、印鑑専門店で購入するのが確実な方法です。実店舗のある専門店なら、プロの店員に相談に乗ってもらうこともできます。印鑑についてあまり知識が無く、説明を聞きながら選びたいという場合には、専門店が最適でしょう。

また実店舗なら、実物を見ることができますので、自分の希望するイメージを伝えるのにも役立ちます。一般的に印鑑専門店は、注文を受けてから作成するという作業工程になりますので、珍しい苗字の場合でも作成が可能です。

苗字ではなく名前のほうで印鑑を作りたい場合や、フルネーム入りの印鑑を作る場合にも、専門店なら対応しています。実店舗ならではのデメリットとしては、注文してから手元に届くまでに時間がかかるということが挙げられるでしょう。

一般的に、数日から数週間かかることが多くなっています。

注文した印鑑をすぐに使用する予定がある場合には、日にちに余裕をもって依頼し、あらかじめ受取日の確認もしておくとよいでしょう。また実店舗では、値段が高く設定されている場合がほとんどです。これは実店舗の場合、様々な人の手を介して作業が進むため、それに伴う中間費用が発生するという点が大きいのです。

さらに実店舗で選ぶことのできる商品は、実店舗で扱っているものに限られてしまうという点も、デメリットといえるかもしれません。ただし店頭で扱っていなくても、注文が可能な場合もありますので、購入したいものが決まっている場合には問い合わせてみるのもよいでしょう。

安さと利便性を兼ね備えたネット通販

銀行印や実印を購入する手段としては、ネット通販を利用するという方法もあります。ネット通販で扱われている実印は、実店舗と同じく印材に黒水牛や琥珀などを使用しています。一方で値段は、人件費をカットすることができる分、店舗より安く設定されていますので、その点が大きなメリットといえるでしょう。

通販サイトでの注文もオリジナルデザインで作成されますので、偽造されにくいという安心感は、実店舗の専門店と遜色ありません。またネット通販なら、実店舗で扱っていない商品も選ぶことが可能です。一方で通販サイトの場合には、店員に相談に乗ってもらうことができないという点が、デメリットです。

わからないことは、自分で調べる必要があります。店頭に足を運ばなくてよい代わりに、実物を見ることはできなくなりますので、直接手に取って選びたいという場合には、あまり向かないかもしれません。オリジナルデザインで注文する場合、ネット通販ではこちらの希望を細かい部分まで伝えにくいという難しさもあります。

自分で作ることも可能

究極のオリジナルデザインを目指すなら、自分で作ってみるというのも一つの方法です。印鑑作成用のフリーソフトを利用することで、お店に頼まなくても自分で作ることができます。メリットとしては、店舗やネット通販などで購入するよりも費用が安いということが挙げられます。

手彫りなので、世の中に二つと無い自分だけの印鑑を手にすることができるでしょう。印鑑を自分で作るというのは、それほど数多く経験することではありません。その経験自体が、特別なものだと考えることもできます。ただし手作業の場合は、慣れていないと、思っていたよりも時間がかかるということもあります。

手間暇がかかってしまうという意味においては、デメリットといえるかもしれません。印鑑を使用する予定がある場合には、時間に余裕をもった作業をすることも必要になってきます。

目的に応じた売り場探しを

印鑑を購入するにあたって、まずはどのような場面で使用するのかを考えることが最も大切です。日常の中で使う認印なら百円ショップで、重要な契約書類に押印するなら専門店やネット通販で認印をといった具合に、使い分けていくことが必要になるでしょう。

印鑑は長く使い続けていくものですので、いくつかの店舗を比較して、自分に合うものを見つけましょう。